読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INUDEPENDENT

INUUNITED(いぬゆな)がサッカー以外の話をする場所です

無料で読める本当に面白いウェブ漫画を5つ紹介する

【シェアする】

こんにちは。いぬゆなです。

実は私、漫画喫茶で5年ほどバイトしてた漫画好きであります。漫画ソムリエをめざしていた時期もありました。
深夜シフトが主戦場で、終電後は客の出入りがほぼないのをいいことに、ひたすら店の漫画を読みまくる毎日でした。仕事はちゃんとしてましたよ。一応。

 

漫画喫茶のアルバイトを辞めてからは、金をもらいながら漫画を読む手段がなくなってしまいましたが、無料で読めるウェブ漫画を漁りまくり日々面白い漫画を発掘しております。

 

ということで、私が選ぶ本当に面白いウェブ漫画を5つ、ご紹介しましょう。でも縛りがないと巷にあふれるNAVERまとめとかと同じメンツになっちゃうんで、

  • 現在連載中のものに限る
  • あまりに有名で紹介する必要ない漫画は省く(ワンパンマンとか)
  • 1つのサイトから作品を紹介するのは1つに限る
  • できるだけ新しめの漫画を紹介する
  • 出版社のサイトで掲載されている漫画に限る

というルールでいってみます。

 

イマドキ殺し屋女子の日常、バイオレンスアクション

yawaspi.com

やわらかスピリッツにて月イチ(不定期かも)連載中。第一話と最新話付近だけ読めます。普通の専門学生にしか見えない殺し屋が、何の葛藤もなく自然に殺しまくる漫画。

 

今「狂気の中の日常」って、がっこうぐらし!あたりが新しい見せ方やってます。アイアムアヒーローも特に序盤はそうだった。カタストロフィが起きちゃった世界で、それまでの日常をどう維持するか、みたいな。

その点バイオレンスアクションは、舞台自体は我々が生きてるこの世界。その中にある殺し屋っていう異分子……の中で、普通に振る舞っている主人公という、「日常の中にある狂気の中にある日常」の入れ子構造になっています。

この構図自体も昔からあるパターンではありますが、作画の浅井蓮次先生の丁寧な絵と原作の沢田新先生の酸いも甘いも噛み分けた感があるプロットでガシガシ読ませる漫画になっております。つーか沢田先生ってプロフィールに和歌山の兼業主婦で今作が原作デビューって書いてあるけど、絶対ガモウひろし=沢田つぐみ的なアレだろ。

バイオレンスアクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

バイオレンスアクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

これは漫画界のイニシエーション・ラブか。青のフラッグ

shonenjumpplus.com

少年ジャンプ+で隔週連載中。第一話と最新話付近だけ読めます。ファイアパンチ終末のハーレムあたりとどれにしようか迷いましたが、この中で一番連載順が若いこの作品をチョイス。

 

普通に丁寧に描写されていく三角関係モノなのかな?と思わせといて、叙述トリックめいたギミックが明確に示唆された第5話が公開。SNSで爆発的に話題となりました。そこまででも「っぽい」描写はあったのですが、私は気づかず。やられたー!今から読む人にはなんとかネタバレ抜きでそこまで辿り着いてもらいたい。無理か。がんばれ。

すでに少年ジャンプ+上で無料掲載されていない部分を読まずに先を読んじゃうのはもったいないですよ。単行本一巻は4月発売のようなので、紹介しといてアレですが発売まで待ってまとめて読んでいただくのをオススメします。ホントそこを読んでもらいたいので、ジャンプ+のスマホアプリで課金という手もアリかと。

 

……とか書いといて、示唆されたギミックがさらなるミスリードを誘うものだったりする可能性もあります。それは深読みで、ここからは純粋な恋愛漫画になる可能性もあります。正直全くわからない。先が読めない。しかもこのタイミングで週刊連載から隔週連載になりやがった。さすがジャンプの血族は焦らすの上手いよなあ!!!
恋愛漫画のはずなのに現状ミステリーっぽくもある一作です。どっちに転ぶか今後の展開が楽しみ。 

青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)

青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)

 

雑!だがそこがいいッ!キラーハネムーン

www.sunday-webry.com

サンデーうぇぶりにて隔週連載中。全話読めます。JKと警察官のカップルが逃亡者やりながらラブラブする漫画。唐突に挿入されるちょいエロシーン、行動に一貫性がなさすぎる登場人物たち、ムラのある作画、行き当たりばったりとしか考えられない展開と、漫画としての完成度は正直高くはありません。

 

しかし、だからこそ生まれるドライヴ感のようなものがありまして、ただ漫画読んでるだけなのに酔っ払ったのか、カフェイン取りすぎたのか、ヘヴィ・メタルを大音量で丸一日聴かせ続けられる拷問を受けたのかみたいな気分になれます。1ページごとに心の中でツッコミを入れながら読むことをオススメ。そういうのが苦手な方には合わないかも。

 

物語の構造、雰囲気としてはマンガボックスで連載してた穴殺人っぽいかな。穴殺人よりもっと粗挽き感が強く、多少の雑さは勢いでカバーしろ!話をどうするか困ったら超展開で打開しろ!というタカ派の思想が見え隠れします。編集の人が狙ってこの粗挽き感作らせてるならスゴイと思う。 

キラーハネムーン(1)

キラーハネムーン(1)

 

どんでん返しをどんでん返しと感じなくなるまで。骨が腐るまで

マンガボックス〜人気漫画が毎日更新〜
マンガボックス〜人気漫画が毎日更新〜
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

幼馴染5人が殺人を犯し、埋めた死体を一年に一度見に行く話です。 サブタイトルに「STAND BY ME, MY DEAR」って付いてるんで、かの名作映画スタンド・バイ・ミーを意識してるんでしょう。

 

もちろん「いやー、毎年変わらず死体は死体で生き返ったりしてないわ!じゃまた来年来ようね~」なんてことにはならず、どんでん返しの連続が起こりまくる良質なサスペンス漫画になっております。このペースでどんでん返しが起こり続けると、2年後くらいには殺人なんか最初からなかったし、この世界はゲームの中でしたくらいの展開になりかねないくらい。あとトモダチゲームのメガネと容姿、かませっぽさが異常に酷似しているキャラがいていろんな意味でドキドキします。

 

しかし作者の内海八重先生、いくら調べても情報が出てこないので新人っぽいけど、絵も展開もやけに大人びてるんですよね。エロ漫画家が名前変えて一般漫画に進出したんかなーとか邪推してしまいます。。

骨が腐るまで(1) (マンガボックスコミックス)

骨が腐るまで(1) (マンガボックスコミックス)

 

純粋な気持ちで読め。ど根性!!けろけろけろっぴ

comip.jp

 イチゴミンにて月イチ連載中。全話読めます。トップページを開いた瞬間「なんかヤベえ」感が溢れるイチゴミンのサイトですが、あなたの感覚は正しいです。この漫画、ヤバい。

 

タイトルの通り、けろけろけろっぴがTシャツに張り付いちゃう漫画。ハローキティがマジンガーZ風に塗装されて超合金になったり、おそ松さんのパーカーを着させられたりと、サンリオがコラボに超積極的なのは有名ですが、まさかこんなコラボまでできるとは……このまま行くところまで行って、マーヴルvsカプコンみたいな感じでディズニーvsサンリオって格ゲー出して欲しいです。

アイデアとそれを実現できた時点で優勝確定。しかも作者の大月悠祐子先生は、ど根性ガエルの作者である吉沢やすみ先生の娘。そのものズバリど根性ガエルの娘というタイトルでエッセイスタイルの漫画も描いていらっしゃいます。ギャグ漫画を描き続けると精神がおかしくなるというのはよくある話ですが、吉沢やすみ先生はまさにそれ。壊れまくってる家族の姿を大月悠祐子先生が包み隠さず描くというハードコアスタイルな漫画になっております。

 

しかしど根性!!けろけろけろっぴは(深読みしなければ)純粋など根性ガエルの続編であり、(深読みしなければ)純粋な娯楽作品であります。主人公が失踪した父親を憎んでいる描写も(深読みしなければ)ただの伏線であり、作品外の何かを示唆するものではありません。深読み禁止。。って無理だろ!!!どうしても実際の親子関係とこの漫画の内容重ねちゃうだろ!!!どんな気持ちで家庭崩壊エッセイと親父の代表作の続編同時に連載してんだよ!!!

 

けろっぴかわいい~~男気も見せてくれてかっこいい~~みたいな感じで純粋にこの漫画を楽しめるあなた、あなたのような方がこの世界をキレイにしてくれているのです。生まれてきてくれて本当にありがとう。僕は深読みしてしまうので世界にゴミを撒き散らしている輩です。

 

まだ単行本の発売予定はないようなので、ど根性ガエルの娘のほう貼っておきます。

ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス)

ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス)

 

終わりに

自分で5作品って決めたのでここまでにしますが、セブンティウイザンとかサポルト! 木更津女子サポ応援記とかあたりも紹介したかったようえーん。死にたくなるわ。

と、どさくさ紛れにもう3作品紹介してやった。ワハハ。

 

しかし、無料でいくらでも漫画読めるっていい時代になりましたね。出版不況が叫ばれてる昨今ですが、無料で読ませてそこからどうやって購買行動に至らせるかってのが大事ですよね。

紙でもKindleでも漫画自体のみならず、関連グッズやイベントなど、収益になればなんでもいいと思うんで、出版社側も、作家側も、我々読者側も、ウェブの無料漫画という媒体を上手く利用して生きていきたいもんです。完。(なぜか最後に業界論)