INUDEPENDENT

インターネットのバミューダトライアングルを目指しています

Amazonで宅配時間帯指定しておきながら不在の奴、全員仕事辞めろ【PR】

 こんにちは。みなさん、Amazon使ってますか。僕はちょうど先日ICレコーダーを購入しました。「くるぶしソックス履いてたら殺すぞ!」などと脅迫された際、録音して証拠を残しておくためです。もちろん僕は女子高生でもなんでもありませんが、この世の中、備えあれば憂いなしですよね。

 

 そんなくだらない理由でも何も尋ねずボタン一つで即刻宅配してくれるAmazonですが、その"宅配"に関してがいろいろと大変なようで。ヤマト運輸がAmazonの当日配達サービスから撤退するという報道が出たのは4月7日。結局撤退したのかするのかよくわかってないのですが、まあ撤退するのでしょう。

どうやらAmazonの「お急ぎ便」やら「当日お急ぎ便」などの注文が増えすぎて、ヤマトの配達員のみなさんがいくら運んでも運んでも運びきれないのだと。黒猫の親子も泣いてますよ。ニャーって。

 

 ということで、ニャーと泣いてる黒猫ファンの方から「Amazon利用者のマナー啓発記事を書いてください!お金ならいくらでも払います!」と依頼を受けたので、「わかりました。それではスイス銀行の私の口座に20万ドル振り込んでおいてください」と答え、パソコンの前に座り、どうやってマナー啓発してる風に見せながら好き勝手書けるかな、と思案しているのが今の私の状況なわけです。

続きを読む

つばきと一色徳保がいた時代。等身大の自分を探していた世代。

 スリーピースロックバンド『つばき』のギターボーカル、一色徳保が亡くなった。脳腫瘍で闘病しながらも音楽活動を続けていた様子は、同じく脳腫瘍で亡くなったBOOM BOOM SATELLITESの川島道行と重なる。どちらもミュージシャンに愛され、リスナーに愛され、最後まで病気と闘い、音楽に寄り添い続けたボーカリストであり、ソングライターだった。

 

 つばきは2000年結成、2002年にインディーズデビュー。今では死語どころか蔑称として使われることもあるが、「下北系」の黄金期に一際輝きを見せていたバンドだ。僕は大いなる敬意を持って、つばきを最高の下北系ギターロックバンドと呼びたい。

今日は彼らの楽曲を紹介しながら、つばきの思い出話をする。きっと、つばきを好きな人は今、彼らについて話したいはずなんだ。僕もそうだ。だから、みんなそうすればいい。個人を偲ぶのは、ただそれだけでいい。

 

続きを読む

詐欺と気づかせない、巧妙なポスタービジュアル詐欺映画『帝一の國』

 あなたは、映画の上映時間はどのくらいの長さが好きですか。60分、90分、120分あたりが選択肢かと思いますが、僕は割としっかり内容に浸りたいタイプ。長ければ長いほどいいってことはありませんが、120分前後を使って物語を描ききってくれると嬉しいなと感じます。

 その点「帝一の國」は素晴らしかったのではないでしょうか。ネット上ではすでに絶賛の嵐と言っていいほど評判がいいですが、全14巻の原作を2時間に収めつつ、原作ファンもある程度納得できる内容になっています。正直面白かった。原作の有り余るサブカル臭をうまく中和して、大衆ウケする映画に変換。イケメン俳優目当てに訪れた若い女性は上映中ずっとキャーキャー言ってましたよ。うるせえくらいに

 キャストもみんなキャラクターのイメージ通りですし、森園先輩役の千葉雄大さんあたりはまさに「実写版」と言っていいビジュアル。もう一生メガネを外さずに生きていってほしいくらい似てます。

 

 

キャスト以外のビジュアルで重要なのは、背景

 そう。「キャラクタービジュアルは」いいんです。この映画唯一にして最大の欠点は、キャラクタービジュアル以外のビジュアル面……つまり背景を原作に寄せられなかったことです。

続きを読む

”TSUTAYA併設のスタバ”という、お腹の弱い人間にとっての誘蛾灯

f:id:inuunited12:20170418202713p:image

つい先ほどの話だ。僕はギリギリのところで生死の切れ目を飛び越えた。

 

僕のような底辺自称フリーランスライター的な人間は、自宅に居場所がないためこぞってスターバックスに集う。夏の夜のコンビニ、入り口でバチバチ言いながら死んでいく虫たち。あの虫自動抹殺装置の名前は誘蛾灯っちゅーらしいけど、あんな感じだ。僕らはみんな、スタバに引き寄せられ、スタバで死んでいく。

それはもちろん悪質な例え話だけど、僕は本当にスタバで社会的に死にかけた。

 

 

そう、腹痛だ。 

いつも通りほうじ茶ティーラテのトールサイズを注文し、意気揚々と席を確保。カフェで扱うにはいささか大きなサイズのノートPCを取り出す。

 

それが、僕が平穏を感じていられる最後の瞬間だった。「助けてくれーーーっ!!!」自分自身の内なる声。ゼロから一気に∞へ。腹痛のふの字もなかったのに、一瞬にして僕は、要救護者となった。 

続きを読む

さようなら、plenty

plentyが解散を発表した。

 

www.plenty-web.net

 

僕が彼らのライブをはじめて観たのは、2008年の「COUNTDOWN JAPAN 08/09」。ロッキングオンが主催する音楽フェスとしては初となる、オーディション枠での出演だった。

その枠での出演者は6組。12月31日の年越しアクトを終えた後、25時40分から27時50分まで、それぞれ10分ずつの持ち時間で慌ただしく演奏していく。

 

カウントダウンジャパンでは例年、年越しアクトが終わると一気に客数が減る。大晦日は電車も終日運転で、そのまま初詣に行ったり、帰ったりする参加者は多い。メインステージは封鎖され、残るのは深夜に出演するバンドが目当ての者と、本当にコアな(マニアックな)音楽ファンと、フードエリアで飲み明かそうというタイプに大きく分かれる。

 

僕はどれでもなかった。自分がやっていたバンドで、このオーディションに落ちた。一次選考さえ通過しなかった。だから、優勝するようなバンドはどんなもんなのかと、値踏みしに行ったのだ。我ながら暇だなあと思ったり、同じ時間にやっていたダイノジのDJを気にしながら、僕はオーディション枠で出演した全バンドのライブを観た。

 

終わってみれば、結果的に僕は、plentyのステージに嫉妬と羨望の目を向けていた。要は、悔しかった。

 

続きを読む